バロンの三日坊主日記

by baron_magazine
 
退院しました。
14日の夜、バロンは退院しました。
無事手術は終わりバロン自宅に連れて帰れる喜びと、腫れや痛みなどの不安が入り混じった状況でバロンを迎えに行くことになりました。病院へ着くと夕方遅い時間にも関わらず、沢山の患者さんが待合室で待っており、その後からも何人かの患者さんが来たけど、今後の注意点など詳しく聞きたいので最後まで待つことにしました。
40分くらい待ち誰もいなくなったところで、ようやくご対面。先にバロンは診察室で待っていて、エリザベスをしてたせいか気配では気付かず、元気ないのかと心配しながらバロンと呼んだ瞬間文句を言いながら大暴れで元気さを盛大にアピールしてくれた。
そして、顔を見て「えっ!手術しなかったんですか?」と思わず聞いてしまったくらい、ほとんど見た目は変わっていませんでした。
d0080372_20233878.jpg

=手術の内容=
目の上部、時計で言うと10時から2時までの範囲を切り、角膜をはがし、内部を抉り取り、シリコンの眼を入れ、溶ける糸で縫合。かなりの出血があったらしい。

=注意点=
右目が肥大していたので、少し遊びがあり中でごろごろしているが、しばらくすると、周りが絞まってきて落ち着くでしょう。その間は角膜を傷つける可能性があるので注意して診る。
傷口もまだくっ付いていないので、ぶつけないために絶対カラーははずさないように。
目やにが出やすくなっているので、眼の周りを綺麗にしておく。
胃に負担のかかる強い薬を飲ませるので、便、嘔吐などの変化に注意をしておく。

=今後について=
薬→炎症を抑える薬、抗生物質を1日1回、薬を飲む前に胃を保護するための胃薬を食前に朝晩で2回、炎症を抑える目薬、角膜を保護する目薬を1日3回
上記を1週間続ける
トイレ以外での散歩はNG

以上の説明を聞いてから帰宅しました。
d0080372_2181175.jpg

家に着いてからは、安心感、痛み、薬の影響、カラーの煩わしさなどで写真のように寝ていることが多いです。座っていても目を瞑っていたり、半開きだったりとなかなかパッチリしませんが、カサカサと袋を開ける音だとか、ご飯の音とかが聞こえると、勢いよくぶつかりながらやってきます。しばらくは心配ですが、先生の注意を聞いて1日も早く回復できればと思っています。

応援、ご心配いただきありがとうございました。今後もバロンのことをよろしくお願いします。
[PR]
by baron_magazine | 2007-04-16 21:15 | 緑内障
<< 手術から1ヶ月 無事、手術が終わりました。 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
関連リンク