「ほっ」と。キャンペーン

バロンの三日坊主日記

by baron_magazine
 
<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
 
手術
27日16時に入院。
一度自宅に帰り、とんぼ返りで再度病院に行き駐車場で一夜を過ごす。
バロン号がこんな形で役に立った。いつもはバロンと寝ているので、
ひとりで寝る車の中はちょっと寂しい。

28日8時30分から30分間バロンと面会。
一晩中点滴をしていたので、かなり調子よさそう。
外でチッチをさせしばらくお別れ。
「何かあったら電話しますので常に携帯してください」「18時くらいに戻ってきてください」とのこと。
最後に先生にバロンのことをお願いし見送る。バロンは嫌がる気配もなく連れて行かれた。
ここのところ元気がなく尻尾は常に下がった状態だったけど、
尻尾を高く上げて歩く後ろ姿でこれならバロンもがんばれると確信した。

検査など行われ、実際手術が開始されたのは10時30分からだったそうです。

見送ったあと、バロン号に戻り少し仮眠をとるが中々眠れない。
時間が経つのがものすごく遅く感じた。
バロン号と待合室を行ったり来たりして過ごす。

2時近くに電話が鳴り、一瞬緊張したけど、ウィルパパさんからだった。
心配で病院まで駆けつけてくれました。本当にありがとうございます。
終わる時間がわからなかったので、先に帰ってもらいました。

18時より待合室で待っていると、20時ころ若い先生が出てきて状況の説明を受ける。
バロンは安定した状態。しかし炎症があるため、腫瘍が周りにくっ付いて摘出するのに
時間がかかったが、確認できるところはすべて取り除くことができたとのこと。
これから、頭を仮止めした状態でMRIで取り残しを確認し問題なければ
縫合に入りますとのことでした。所要時間はあと2時間くらいとのこと。
安定していると聞き少し安心。

バロン号と待合室で待つこと3時間半、23時30分にようやく、執刀医の北川先生が出てきた。

=執刀医の北川先生より術後の説明を受ける=
・事前に撮影していたMRIの画像だと前頭葉の左側15mm*12mm*20mmだったのが
大きくなっており、右側まで進出していた。理性を司る前の部分から、運動神経まで到達
していたと、新しい画像を見ながら説明をしてくれた。
・見える範囲ですべて摘出でき、神経も十分気を付けていたからおそらく大丈夫だろう。
・現段階ではバロンも安定しているが、術後3日間ぐらいは、急変したり感染症になったりと
危険な状態が続くらしいが、24時間体制で管理し対応してくれる。
・摘出した腫瘍は病理検査に出し、7~10日で良性か悪性かがわかる。
・これから縫合に入り30分後に面会ができる。
・はっきりとは言わないが、会話の中から状況は良さそうに思えた。

先生も18時くらいに終わると思っていたらしいが、予想以上に困難な状況で時間がかかったようだ。
普段、やさしそうで穏やかな表情の先生の顔がだいぶ疲れているように見えた。
あらためてお医者さんは大変ですごいと思った。

=面会=
まだもうろうとしていたが、突っつくと反応し顔お上げようとする。
バロンの生きようとする力が思いっきり伝わってくる。
バロンの頑張りには本当に頭が下がる。手を握り褒めてあげる。
剃られた頭や、あっちこっちにつながっているケーブルや点滴で痛々しい。
「また来るよ!頑張れ!」と心で伝え、病院を出る。
もう日付が回っており、患者さんはだれもいなくなっていた。

病院を出て車に向かうと、サイドミラーのところに袋がぶら下がっている。
ワイパーには紙がはさんであり、anlayままさんからだった。
あっ来てくれたんだと思った瞬間、バロンパパって!
本当にありがたい。anlay家総出で来てくれた。
バロンは最高の友達がいっぱいいて幸せ者だ。
バロンの生命力の源がわかった。本当に遅くまでありがとう。

電話やメールでの応援。また、このブログを見て応援していただき本当にありがとうございます。
バロンも回復に向かって頑張っています。医者風に言うと「今は」良い状態です。
まだまだ気が抜けませんが、きっと大丈夫!
ほんとうにほんとうにありがとう。

バロンがんばれ
[PR]
by baron_magazine | 2009-07-30 23:29 | 脳腫瘍
 
手術結果
色々とご心配かけてすみません。

28日23時30分に手術が終わりました。
9時30分から約14時間バロンは頑張りました。
現在の経過は良好で、日付が変わってからバロンと
面会することもでき、意識はもうろうとしていながらも、
時折頭を上げようとしたりしてました。

・3日間くらいは危険な状態
・病理検査の結果が1週間後
とまだ気が抜けない状態ですが、良い方向に向かってると思います。
詳しくはまた報告します。

本当に応援ありがとうございました。


「バロン」よく頑張ったね!あともうちょっと、がんばろう!!
[PR]
by baron_magazine | 2009-07-29 04:01 | 脳腫瘍
 
今日から入院 ~手術まであと1日~
d0080372_2139395.jpg

今日バロンを病院に連れていった帰りに2重の虹がでてました。
きっと明日の手術は成功するね。

何とか良いコンディションを保ったまま、本日16時に病院へ。
診察室に入り、再度説明を聞いている間、バロンは大暴れ!!
出よう出ようと一生懸命でした。

明日は9時から手術開始。約12時間の手術。
前頭葉?の骨を外し別の場所にセンサーを入れてモニターしながら
中の腫瘍を摘出し、取り残しがないかMRIで入念にチェックしながら行うそうです。
形状からは良性の髄膜腫だと思うが、悪性の場合だと出血が多く
一度閉じてから、再手術を行う。また、感染症にかかった場合は、
再度開頭してその部分を洗う?そうです。
何よりも怖いのが浮腫の状態です。状態が悪いときは手術中に命を落とすことも
と散々脅されました。まあお医者さんはこんなものかな、、、
だけど幸いにも、比較的取りやすい位置に腫瘍があると言ってくれてるので
大丈夫。大丈夫。

手術が終わり3日間位が危険な状態なのでICUで24時間管理体制です。
そんなに会社休めないから、病院(駐車場)から出勤?明日まじめに相談してみよう。

どうか手術が成功しますように!
バロンがんばれ。
[PR]
by baron_magazine | 2009-07-27 22:14 | 脳腫瘍
 
血液検査
今日は足をあげてチッチしてた。
こんな時は、なんでもないことが嬉しかったりする。

昨日の血液検査の結果は
ステロイドが強いせいか、予想以上にGOT・GPTの数値が上がっていた。
当然ALPも高いままでした。
このままだと、手術ができないかもしれないとのことでステロイドを半分に減らす。
麻酔と肝臓の関係は、肝臓は麻酔薬を排泄する所で、肝臓の機能が低下していると
麻酔薬が体から排泄できないため、体の中に残ってしまし、麻酔後に何らかの影響が
残ることがあるといわれている。
無事手術できるといいです。

いよいよ明日から入院です。あとは先生に任せるしかありません!

みんな応援ありがとうです。感謝!感謝!

がんばれバロン
[PR]
by baron_magazine | 2009-07-26 22:38 | 脳腫瘍
 
近況報告と血液検査
お見舞いのお電話やメールをいただきありがとうございます。
皆様の気持ちが通じ、バロンも日に日に良くなってきています。

昨日の22日が、ステロイド投薬からちょうど1週間たったので、血液検査してきました。

GOT、GPT、ALP  いずれも高め ALPに関しては病院の検査では計測不能まで上がっていた。
この3つに関してはステロイドの影響で想定内であり、投薬を止めれば下がってくるとのこと。
目の治療中も同じ状態だったので心配はないが、あまり続けると黄疸や、肝機能障害がでてくる。
ただ、1.5キロ痩せたのが少し気になる。
念のため肝臓の薬を服用。

問題はPCV(血中血球容積)が35.2%と若干低め。前回は43%あったので下がったのが気になる。
数値の上では貧血状態だけれど、出血などは今のところみあたらない。
再度、土曜日に血液検査。

というのが血液検査の結果で、肝心なバロンはステロイドの効果で状態が良くなっています。
水をたくさん飲むため、2~3時間置きのおしっこは大変(外でしかやらないため)だけど、
まだ足腰はふらつくものの、その後の発作もなく、徘徊、旋回もしなくなり、頭も随分はっきりしてきている。
この2日間は、帰宅時に玄関まで迎えにきて、おかえりなさいのベロベロするまで回復してます。

このままでも良いって思うけど、一時的なことで何にも問題解決しないんですよね。
あ~やっぱり手術は怖い。
[PR]
by baron_magazine | 2009-07-23 21:40 | 脳腫瘍
 
脳腫瘍(髄膜腫)
元気だよ~なんて言ったばかりで急展開。

またまた大変なことに、、、

6月29日 16時頃
          大きな唸り声とともに痙攣発作。
          顔はガクガク、手足はバタバタと大きな発作が1分くらい
          周囲の物に手足があたり、クルクル回転
          尿・便の失禁
          その後、2時間くらい興奮状態。
          主治医へ連れて行くが、血液検査では異常なし。
          抗てんかん剤の注射を打って、しばらく様子見。
          再度発作が起きた時に使う抗てんかん剤の座薬をもらう

7月 1日 21時頃
          ほんの一瞬フラつく
          食欲はあるが元気がない。

7月 9日 夕方
          息遣いも荒く、フラフラ徘徊
          嫌な予感!

7月 9日 22時30分頃
          2回目の痙攣発作
          1回目と同様 1分くらい
          2時間くらい興奮状態。
          尿・便の失禁
          この時から、旋回、徘徊、ふらつきが始まり、昼夜逆転
          コマンドが全く効かず、自分がバロンということも
          わからなくなってる様子。
          座薬を入れるが出てきてしまう。

7月10日 6時15分頃
          3回目の痙攣発作
          1分くらい。ぶつかりそうなものは、全て片づけていた
          ので、その場でバタバタ。
          尿のみ失禁。
          少し慣れた。 
          何とか歩くが、尻もち着いたり転んだり。

          朝一番で病院へ
          抗てんかん剤の注射を打ってもらう
          脳の異常が考えられるので、MRIの予約
          抗てんかん剤の錠剤の服用開始。

     17時頃
          4回目の痙攣発作
          30秒くらいの発作で、その後の興奮も短かった。
          座薬成功

7月11日
          朝ごはん抜きで、MRI
          キャミックひがし東京
          診断の結果、12mmx15mmx20mm大の脳腫瘍が見つかると同時に、
          浮腫が多く見られる。
          浮腫の影響で頭蓋内圧があがり、現在の症状になっていると思われる。
          処置方法は、外科手術・放射線治療・化学療法のいずれか
          そのままにしておくと、間違いなく脳ヘルニアになり死にいたる。
          摘出手術を勧められる。
          全身麻酔中に脳圧を下げる点滴を打つ。
          無事麻酔からも覚めて、脳圧が下がったせいか調子が良い。
          なんとなくシッカリ歩いているように見える。

          MRIの結果(資料)を持って主治医に行く
          キャミックひがし東京と診断が同じであった。
          今後の治療方針を決めるべく、日大の北川先生を紹介してもらう。
          15日に日本大学動物病院へ予約

          10日までの状態よりバロンの調子は良いが、
          相変わらず、痴呆と同じ症状だ。
          手術してどこまで回復するのだろうか? がんばれバロン!!

7月15日
          日本大学動物病院(ANMEC)に行く
          2時間ほど診察、血液検査・神経検査など
          その後、北川先生より説明を受ける。
          脳腫瘍の中の髄膜腫と思われる。
          摘出する場合、位置は比較的取りやすいところにあるが
          浮腫があるため、脳が崩れやすい状態になっている。
          手術をする場合、浮腫を抑えてからにしたい。
          また、放射線や化学療法も選択肢としてあることを告げられる。
          はっきりはおっしゃらなかったけど、手術を勧めているようだ。
          手術をしたい旨を告げ、成功率や術後の状態などを訊ねたが、
          そこはやはりお医者さん。はっきりした回答はなく、寝たきりの犬が、
          走り回れるまで回復したなったケースもあるが、その逆もある。
          術中に命を落とす場合もある。などの説明を受け、脳の手術の難しさが
          伝わってきた。
          ただ、先にも書いたように、腫瘍ができた位置が比較的取りやすい
          ことから、手術をお願いする。
          術日は、予約で混んでいるため最短で今月28日、27日から
          術後約10日間入院。
          それよりも早くできればとお願いする。
          今日から浮腫を抑えるためステロイドを服用。

7月16日
          ステロイドが効き始めたのか、諦めていた意識障害や、歩行障害が
          改善されはじめている。少しずつだけど名前を呼んで反応し始めてきた。

7月17日
          今日は足取りが軽い。バロンくんって呼ぶとお手をするようになった。
          このまま、良いコンディションで手術の日を迎えられたら、、、

<前兆>
 半年前から、月に1度フラついていたことがあった。倒れないように30秒ぐらい押さえて
あげると元に戻っていたので、目が見えないから平衡感覚だとか三半規管でもおかしくなって
きたのかなぐらいにしか思ってなかった。また、一月前くらいからたまにへんな咳もして
いた。その時に気づいていれば、発作を起こさなくて済んだのに、素人判断でバロンに辛い
思いをさせてしまった。

<発作>
 何とも言えない唸り声とともに、四股を激しくバタつかせる姿は、今でもはっきり覚えている。
一生忘れられないシーン。見ててものすごく哀しくなる。
 昔、その姿は、悪魔が乗り移った姿と言われ、殺傷処分になった時代もあったと何かに書いてあった。
 発作中は、意識がなくどんなわんこでも触るのは危険。もし発作が起きたら、周りの物をどかす
など2次的な怪我をさせないようにしてあげましょう。それと時間を計ることを言われた。

<脳腫瘍>
 8歳以上の発作の37%が脳腫瘍が発見されたというデーターがある。また、レトリーバーの
発症割合が高い。キャミック

<決断>
 目の病気の時にバロンに辛い思いをさせてしまった。その時に2度と同じような辛い思いを
させないようにしようと心に誓った。運命だと思って、自然に任せるって、、、
 しかし、食いしん坊バロンはこんな時でも良く食べる。まだ、生きようとしていると思えた。
辛く苦しいのは一時だけ!できる限りのことをしてあげようと手術を決断。
 脳の手術なので大きなリスクを抱えることになるが、きっと前回も乗り越えられたから、
今回も大丈夫とバロンの生命力を信じて、そして自分の思いもバロンに通じると思って。
これからもっと楽しいことがあるからまだまだ逝かすわけにはいかない。また、バロンとキャンプ
に行きたいから。きっと大丈夫。

<ブログアップ>
 またまた皆さんにご心配かけてしまうから、こっそりと何事もなかったようにと考えた。
どーせこのブログもほとんど更新もしてないから、半年ぐらい放っておいても大丈夫だろうと。
 ただ目の時に、若葉ちゃんのブログに勇気づけられ安心することができた。
同じように少しでもこのブログが誰かの役に立てられたらと思いアップすることにした。

度々ご心配かけてすみません。
きっと手術は成功します。
[PR]
by baron_magazine | 2009-07-20 10:14 | 脳腫瘍


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
MAIN SITE
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク